コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニット工法住宅 ゆにっとこうほうじゅうたく

1件 の用語解説(ユニット工法住宅の意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

ユニット工法住宅

ユニット工法住宅」は、建物を部屋ごとなどのユニットに分割し、工場である程度まで生産してから、現場で組み立てるプレハブ工法の一種です。
工場生産であるため、計算された住宅性能を維持する精度をもつほか、現場施工の工期が短いというメリットがあります。
その一方で、間取り変更がしにくいほか、現場ではクレーンを用いるため、狭小地や敷延の土地には向かないというデメリットもあります。
ユニット工法には、鉄骨のほか、木質ユニットがあります。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユニット工法住宅の関連キーワード透過原稿ユニットユニット家具ユニット工法ユニット構法ユニットバスマウスユニットユニットシステムユニット型高性能住宅部品ユニット(Unit)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユニット工法住宅の関連情報