コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニット工法住宅 ゆにっとこうほうじゅうたく

不動産用語辞典の解説

ユニット工法住宅

ユニット工法住宅」は、建物を部屋ごとなどのユニットに分割し、工場である程度まで生産してから、現場で組み立てるプレハブ工法の一種です。
工場生産であるため、計算された住宅性能を維持する精度をもつほか、現場施工の工期が短いというメリットがあります。
その一方で、間取り変更がしにくいほか、現場ではクレーンを用いるため、狭小地や敷延の土地には向かないというデメリットもあります。
ユニット工法には、鉄骨のほか、木質ユニットがあります。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について | 情報

ユニット工法住宅の関連キーワード積水化学工業(株)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android