鉄骨(読み)テッコツ

リフォーム用語集の解説

鉄骨構造に用いられるの事。厚さが6mmを超える鋼材重量鉄骨、厚さが6mm以下の鋼材を軽量鉄骨という。重量鉄骨は、製鋼所で熱間圧延加工により製造され、主としてラーメン構造トラス構造に用いられる。軽量鉄骨は、重量鉄骨と同様に熱間圧延加工により製造される場合もあるが、多くは鋼板冷間圧延加工して製造され、主としてブレース構造に利用される。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鉄材の骨組み。型鋼、鋼板、平板などを接合して組み立てた建造物の骨組み。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「其内十六は石橋、七は懸橋、三は鉄骨石肉の橋なり」
② 梅の木を写す画法。
※俳諧・蕪村句集(1784)冬「鉄骨といふは梅の枝を写する画法也 寒梅や火の迸る鉄(まかね)より」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

鉄骨の関連情報