ユビキタス社会(読み)ゆびきたすしゃかい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ユビキタス社会

生活や社会のいたるところにコンピューターが存在し、人間がいつでもどこでもコンピューターにアクセスできる社会のこと。総務省「情報通信白書(平成16年版)」によれば、「『いつでも、どこでも、何でも、誰でもアクセスが可能』なネットワーク環境」を、ユビキタス社会として定義付けしている。もともとはラテン語で「至る所に遍在する」という意味。現在はネットワーク社会の将来あるべき姿として概念が定着している。ユビキタスを実現するツールとしては、ICタグや情報家電、センサーや通信機などの情報機器が挙げられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ユビキタス社会

ユビキタス(ubiquitous)とは、「あらゆるところに」「どこにでもある」という意味をもつ言葉で、ラテン語が語源。あらゆるものがネットワークにつながった近未来のネット社会のことをいう。ゼロックス・パロアルト研究所で提唱され、今世紀に入ってから日本でも用いられるようになった。

(2006-11-16 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android