身の回り(読み)みのまわり

精選版 日本国語大辞典「身の回り」の解説

み【身】 の 回(まわ)

衣類・かぶり物・はき物など身につけるもの。日常手もとに置いたり携帯したりするもの。また、広く日常生活に必要なもの。
※虎明本狂言・入間川(室町末‐近世初)「身のまはりこし刀までしんぜた程に」
身辺。また、身辺の雑用
※この子(1896)〈樋口一葉〉「私のやうに身の廻りは悉く心得ちがひばかりで出来上って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「身の回り」の解説

み‐の‐まわり〔‐まはり〕【身の回り】

衣類・装身具文房具など、日常生活に必要なこまごまとした物。また、自分の周囲。身辺。そこから生じる雑用。「身の回りの世話をする」「身の回りを整える」
[類語]手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと間近近く付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android