コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユンチョン(運城)地区 ユンチョンYuncheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユンチョン(運城)〔地区〕
ユンチョン
Yuncheng

中国華北地方,シャンシー (山西) 省南西端の地区。行政中心地のあるユンチョン市ほか 12県から成る。ホワン (黄) 河がホワントー (黄土) 高原の山地,丘陵地を流れて大きく向きを変える地域にあり,西と南をホワン河に囲まれる。中央のユンチョン盆地は省における綿花と小麦の主産地の一つである。またカキ,ナツメ,アンズ,ナシ,ザクロなど果樹栽培が盛ん。ダイオウ,ソウキュウなどの漢方薬材を産する。盆地の南部にあるシエ (解) 池は古くから中原における食塩の産地として知られたが,天然ソーダ,芒硝も採取され,ユンチョン市に化学工業が立地。ユンチョン市,ウェンシー (聞喜) 県,ユワンチュイ (垣曲) 県にわたる銅の大鉱床が発見され,開発が進んでいる。機械,綿紡織,食品などの工場がある。ホーチン (河津) 県の柿酒,シンチヤン (新絳) 県の扇子と彫漆など特産品も多い。トンプー (同蒲) 鉄道が通る。人口 421万 4007 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android