コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芒硝 ぼうしょうmirabilite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芒硝
ぼうしょう
mirabilite

硫酸ナトリウムの 10水塩 Na2SO4・10H2O の俗称。古く 17世紀の頃,ドイツの医学者 J.R.グラウバーにより医薬として用いられたので,グラウバー塩の名もある。今日では主としてガラス製造の原料として用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぼうしょう【芒硝】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。結晶となっている天然の含水硫酸ナトリウム瀉下(しゃげ)利尿などの作用がある。便秘に効く調胃承気湯(ちょういじょうきとう)、便秘、腎臓病糖尿病に効く防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、便秘、月経困難更年期障害に効く大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうしょう【芒硝】

硫酸ナトリウムの一〇水和物。芒すすきの穂のような形の結晶なのでこの名がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

芒硝の関連情報