コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーゲントシュティール 〈ドイツ〉Jugendstil

デジタル大辞泉の解説

ユーゲントシュティール(〈ドイツ〉Jugendstil)

《「ユーゲント」は青春の意で、ドイツの雑誌の名》ドイツ・オーストリアなどでのアールヌーボー様式の呼称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユーゲントシュティール

アール・ヌーボー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ユーゲントシュティール【Jugendstil】

〔青春様式の意〕
アール-ヌーボー様式の、ドイツ・オーストリアなどドイツ語圏における呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーゲントシュティール

アール・ヌーボー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のユーゲントシュティールの言及

【アール・ヌーボー】より

…この名は,ドイツ出身の美術商ビングSamuel Bing(1838‐1905)が1895年にパリで開いた,東洋の工芸品や新しいデザインの品を売る店〈アール・ヌーボーL’art nouveau Bing〉にちなむもので,主としてフランスとイギリスで用いられる。ほかにフランスとベルギーではスティル・モデルヌstyle moderne(現代様式),ドイツではユーゲントシュティールJugendstil(青春様式),オーストリアではゼツェッシオン(分離派)など種々の名で呼ばれたが,そこには同質の形態と精神を見いだすことができる。
[時代背景と造形上の特質]
 19世紀には貴族社会が崩壊し,都市化・工業化が進んだ。…

【ゼツェッシオン】より

… 最初のものは1892年に設立されたミュンヘン・ゼツェッシオンで,その中心となったのは象徴主義の画家F.vonシュトゥックおよび自然主義の画家トリューブナーWilhelm Trübner(1851‐1917)であった。次いで97年にウィーン・ゼツェッシオンがG.クリムトを中心として創設されたが,これはJ.M.オルブリヒJ.ホフマンら建築家,工芸家をも多く含み,オーストリアにおけるユーゲントシュティール(アール・ヌーボー)の中心となった。ベルリン・ゼツェッシオンは99年に,ドイツ印象派の代表者M.リーバーマンを中心として設立され,ドイツ最大の美術組織へと育っていった。…

※「ユーゲントシュティール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユーゲントシュティールの関連キーワードグラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城ハインリヒ フォーゲラーアムシュタインホフ教会クラウディア デランクラスカー・シューラーアウグスト エンデルベーア・ホーフマンアードルフ ロースダルムシュタットアール・ヌーボーエリザベテス通りアルベルタ通りシュトゥッククリンガードイツ美術ベーレンスデーメルクリムトエンデル分離派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android