コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨセ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨセ

囲碁用語。碁の終盤戦。中国では古来,侵分または収束を用い,日本では「固め」といい,また侵分,収束も用いた。ヨセは将棋の「寄せ」からきている現代的な術語である。中盤から終盤に移る時期を「大ヨセ」と呼ぶ。ヨセの手筋を集めたものに中国明代の過伯齢原著,清代の陶式玉評輯による『官子譜 (かんずふ) 』 (6巻) があり,日本では 11世井上因碩 (幻庵) による『囲碁終解録』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨセの関連キーワードナザレ(ガリラヤ地方)ウォルター ヒュッケルヨセフ(マリアの夫)聖家族(キリスト教)カテドラルグレイシャーポイント東京都清瀬市上清戸ブライダルベール滝イアオ渓谷州立公園ヨセミテ国立公園シムズ タバックシエラネバダ山脈マリポサグローブカリフォルニア州サクリファイスエルキャピタントンネルビュースポザリツィオある結婚の風景ハーフドーム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨセの関連情報