コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨロ ヨロYoro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨロ
Yoro

ホンジュラス北西部の都市。同名県の県都。首都テグシガルパの北約 120kmにあり,カリブ海に注ぐアグアン川の水源に近い標高約 560mの地に位置する。 1684年の記録にその名が現れる古い町で,現在肥沃な農業地帯の中心地として,コーヒー,タバコ,家畜などを集散するほか,製糖製陶の工場がある。人口 9231 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨロの関連キーワード仮面ライダー鎧武/スイカアームズトヨタ・ロック・フェスティバルヒオドシイソギンチャクヨロイトカゲ(鎧蜥蜴)ダン・オブ・サーズデイヨロン島の塩 じねんクイズ笑って許して!ガーゴイレオサウルスツラナガコビトザメヨロイゴケ(鎧苔)アルマジロトカゲアンキロサウルスピナコサウルスエドモントニアオホーツク文化マツカサウオヨロイメバルヨロイトカゲ仮名遣奥山路オルホン川

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨロの関連情報