ヨ・キョ・かく・かつぎあげる(漢字)

普及版 字通 の解説


10画

[字音] ヨ・キョ
[字訓] かく・かつぎあげる

[説文解字]

[字形] 会意
(きよく)+廾(きよう)。上下左右より手を加えて、ものをもちあげる形。〔説文〕三上に「共に擧ぐるなり」とあり、かついで運ぶことをいう。

[訓義]
1. かく、かつぎあげる。
2. 挙と通じて用いる。

[古辞書の訓]
名義抄 アグ・カク 〔立〕 ニナフ・カク

[部首]
〔説文〕に・與(与)・興の三字を属する。(せん)は風化した屍体を遷す形で、廾に従う字。〔玉〕に坤(こん)の古文を加えるが、その形は漢碑にもみえないものである。

[声系]
〔説文〕に声として輿を収める。與もまた声。譽(誉)・擧(挙)など與声の字も、の声義を承ける字である。

[語系]
・與・輿jiaは同声。みな四手をもってものをかつぎあげる意。また預・豫(予)jiaも同声。共同のことに参加する意をもつ語であろう。以jiも與と通用することがある。

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android