三上(読み)サンジョウ

デジタル大辞泉「三上」の解説

さん‐じょう〔‐ジヤウ〕【三上】

欧陽脩「帰田録」の「平生作る所の文章、多くは三上に在り。すなはち馬上・枕上ちんじゃう厠上しじゃうなり」から》文章を考えるのに最も都合がよいという三つの場面。馬に乗っているとき、寝床に入っているとき、便所に入っているとき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「三上」の解説

さん‐じょう ‥ジャウ【三上】

〘名〙 文章を練るのに、最も都合のよいといわれる三つの場所。馬上・枕上(ちんじょう)・厠上(しじょう)をいう。〔蠡測集(16C中頃)〕 〔帰田録‐二〕

みかみ【三上】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android