コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢碑 かんぴHan-bei

1件 の用語解説(漢碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢碑
かんぴ
Han-bei

中国,漢代の碑文。前漢には数も少く,書体も古隷に属するものであるが,後漢は碑数も膨大で,典雅な風格の八分書 (はっぷんしょ) が用いられ,芸術的な書として発展した。『孔廟礼器碑』『曹全碑』などは後漢隷書の代表的遺作であり,隷書の範とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の漢碑の言及

【書】より

…しかしその大半は,篆書から隷書に移る一種の雑然とした書体によって占められている。書体 後漢になると,自然石を利用した碣(けつ)や磨崖のほかに,石を一定の形式に加工したいわゆる碑も盛んに作られ,それらを合わせると今日百数十種もの作例を見ることができ,一括して漢碑と総称している。数多い漢碑のうち,書風として特色のあるものをいくつか取り出して分類すると,(1)正統派,(2)素朴派,(3)神霊派の3種をまず挙げることができる。…

※「漢碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone