コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢碑 かんぴ Han-bei

1件 の用語解説(漢碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢碑
かんぴ
Han-bei

中国,漢代の碑文。前漢には数も少く,書体も古隷に属するものであるが,後漢は碑数も膨大で,典雅な風格の八分書 (はっぷんしょ) が用いられ,芸術的な書として発展した。『孔廟礼器碑』『曹全碑』などは後漢隷書の代表的遺作であり,隷書の範とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の漢碑の言及

【書】より

…しかしその大半は,篆書から隷書に移る一種の雑然とした書体によって占められている。書体 後漢になると,自然石を利用した碣(けつ)や磨崖のほかに,石を一定の形式に加工したいわゆる碑も盛んに作られ,それらを合わせると今日百数十種もの作例を見ることができ,一括して漢碑と総称している。数多い漢碑のうち,書風として特色のあるものをいくつか取り出して分類すると,(1)正統派,(2)素朴派,(3)神霊派の3種をまず挙げることができる。…

※「漢碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

漢碑の関連キーワードオルホン碑文草書碑文教科書体今文楷書体岱廟《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》クタイの碑文