ヨーロッパ戦略投資基金(読み)よーろっぱせんりゃくとうしききん(英語表記)European Fund for Strategic Investments

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ戦略投資基金
よーろっぱせんりゃくとうしききん
European Fund for Strategic Investments

ヨーロッパ経済を活性化するための公的基金。欧州戦略投資基金ともいう。略称EFSI。ヨーロッパ委員会の委員長ユンケルJean-Claude Juncker(1954― )がギリシア債務危機以後低迷を続けるヨーロッパ経済を活性化するために打ち出したヨーロッパ投資計画の中核をなす基金で、ユンケル基金Juncker Fundとよばれることもある。ヨーロッパ議会とヨーロッパ連合(EU)閣僚理事会はヨーロッパ委員会が提出した基金設置法案を採択し、2015年7月に正式発足した。規模は210億ユーロで、EUが160億ユーロを信用保証し、EUの政策金融機関であるヨーロッパ投資銀行(EIB)が50億ユーロを拠出した。同基金が初期投資の損失リスクを負うことで、域内外からの民間投資の呼び水となり、官民あわせて基金規模の15倍の3150億ユーロ(約43兆円)の投資を促す計画である。なお、域外からは中国政府がヨーロッパ戦略投資基金への拠出を表明しているが、これはイギリス、フランス、ドイツなどの主要国が中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)設立に協力する姿勢を表明したことへの対応とみられている。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android