コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ極左 よーろっぱきょくさ

1件 の用語解説(ヨーロッパ極左の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ヨーロッパ極左

ヨーロッパ全体では極左の活動は比較的下火になってきている。しかしテロ活動が全くないわけではなく、ギリシャイタリアでは比較的多い。2003年にはギリシャ当局により、テロ集団「革命人の闘争(ELA)」の5人のメンバーが逮捕された。ELAの後身あるいは分派とみられる「革命の核(Revolutionary Nuclei)」のテロ活動への関与が疑われている。イタリアでは、左翼のテロリスト集団である「赤の旅団共産主義者闘争党(BR‐CCP)」が脅威を与えている。BR‐CCPによる政府要人暗殺は続き、03年3月にはBR‐CCPにより電車の中で警察官数人が殺害される事件が起こった。ドイツでは05年9月の総選挙で旧東ドイツ共産党系の極左政党の躍進がみられた。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨーロッパ極左の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合全欧ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone