分派(読み)ぶんぱ

精選版 日本国語大辞典「分派」の解説

ぶん‐ぱ【分派】

〘名〙
① 枝のようにかれ出ること。また、その分かれたもの。
※杏陰集(1642頃か)六・河上落葉「欲軽舟落処、両河分派既流紅」 〔張率‐河南国献舞馬賦〕
② 流儀・政党・学説・団体などが、主となるものから分かれて出ること。また、その分かれ出た流派や仲間。
※狂雲集(15C後)扶起東福寺荒廃盖因美少年之旧交「東福分派南禅寺、千歳猶輝恵日山」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「分派」の解説

ぶん‐ぱ【分派】

[名](スル)
主となるものから分かれ出ること。また、分かれたもの。
「阿蘇の―の一峰の右に」〈独歩・忘れえぬ人々〉
主となる勢力から分かれて別に一派をなすこと。また、その一派。「分派を立てる」
[類語]党派派閥旧派新派別派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android