コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分派 ブンパ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐ぱ【分派】

[名](スル)
主となるものから分かれ出ること。また、分かれたもの。
「阿蘇の―の一峰の右に」〈独歩・忘れえぬ人々〉
主となる勢力から分かれて別に一派をなすこと。また、その一派。「分派を立てる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんぱ【分派】

( 名 ) スル
枝のように分かれ出ること。また、分け出すこと。また、そうして分かれたもの。 「小樽、旭川、帯広、釧路、室蘭地方へ、社員を-したところだ/放浪 泡鳴
団体などで、主流となるものから分かれ出ること。また、その分かれ出た流派や仲間。 → 教団 「主流から-する」 「 -活動」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

分派の関連キーワードスーダン人民解放運動北部イーストサクソン人師堂派・志道派フラクション武者小路千家アラウィー派江戸千家流アマル運動ドルーズ派五家七宗INLA分派活動佐々木流神道流琵琶歌三条流フラク侍天教富本節石州流

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分派の関連情報