コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下火/下炬 アコ

3件 の用語解説(下火/下炬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ‐こ【火/×炬】

唐音禅宗で、火葬のときに導師が遺体を焼く燃料に火をつけること。のちには偈(げ)を唱えてしぐさをするだけになった。秉炬(ひんこ)。

した‐び【下火】

火勢が衰えること。「山火事が下火になる」
盛んだった物事の勢いがだんだん衰えてくること。「人気が下火になる」
オーブンなどで下から当てる火。⇔上火(うわび)
茶の湯で、三炭(さんたん)の一。茶事の際に、初炭(しょずみ)の前に、あらかじめ風炉(ふろ)に入れておく火。起こし炭。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

したび【下火】

火の燃え方が弱まること。 「火事が-になる」
一時盛んだった物事が、盛りを過ぎて衰えてくること。 「風邪の流行も-になった」
茶道の炭手前すみてまえで、あらかじめ風炉ふろや炉に入れておく種火たねび

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下火/下炬の関連キーワード延焼おじゃん衰える火勢減退山火凋落静まる燃広がる全国山火事予防運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone