下火/下炬(読み)アコ

デジタル大辞泉の解説

あ‐こ【火/×炬】

唐音禅宗で、火葬のときに導師遺体を焼く燃料をつけること。のちには偈(げ)を唱えてしぐさをするだけになった。秉(ひんこ)。

した‐び【下火】

火勢が衰えること。「山火事が下火になる」
盛んだった物事の勢いがだんだん衰えてくること。「人気が下火になる」
オーブンなどで下から当てる火。⇔上火(うわび)
茶の湯で、三炭(さんたん)の一。茶事の際に、初炭(しょずみ)の前に、あらかじめ風炉(ふろ)に入れておく火。起こし炭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したび【下火】

火の燃え方が弱まること。 「火事が-になる」
一時盛んだった物事が、盛りを過ぎて衰えてくること。 「風邪の流行も-になった」
茶道の炭手前すみてまえで、あらかじめ風炉ふろや炉に入れておく種火たねび

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android