ライチヒンスク(英語表記)Raichikhinsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライチヒンスク
Raichikhinsk

ロシア南東部,アムール州の都市。州都ブラゴベシチェンスクの東南東約 150km,ゼーヤブレヤ平原にある。 1933年地元の褐炭田の開発に伴ってつくられ,44年市となった。露天掘りによる採炭が行われるほか,変圧器,建設資材などの工業がある。ブレヤでシベリア横断鉄道から分岐する支線の終点で,ブラゴベシチェンスクとハバロフスクを結ぶハイウェーが通る。人口約2万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android