コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラインハウゼン Rheinhausen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラインハウゼン
Rheinhausen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州デュースブルク西部の地区。 1898年創業のクルップ製鉄所の従業員の住宅地として発達。 1934年に市制。 75年デュースブルクに合併。ライン川左岸にあり,輸入鉄鉱石,燃料,石灰岩などを陸揚げするための掘割りがある。製鉄,炭鉱機械,化学機器,セメント,繊維などの工業が立地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android