コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウェルナ Laverna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウェルナ
Laverna

古代ローマの女神。その名にちなみポルタ・ラウェルナリスと呼ばれたローマの門の一つの近くに祭壇を有した。元来はおそらく地下界に属する存在であったと思われるが,暗黒界との結びつきから夜に悪事を働く盗人や詐欺師たちの守護者とみなされるようになり,ラテン文学にはもっぱらこの資格で登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android