コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウエ関数 Laue's function

1件 の用語解説(ラウエ関数の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラウエ関数【Laue's function】

結晶を平行六面体と考え,それぞれの稜の長さを N1aN2bN3cN1N2N3 は正の整数),X線の波長を λ,入射X線を S0,反射X線を S とし,hkl を0を含む任意の整数(ミラー指数*)としたとき,X線の回折強度は

に比例する.ただし x=(π/λ) {aSS0) },y=(π/λ) {bSS0) },z=(π/λ) {cSS0) },である.この関数がラウエ関数と呼ばれるものである.これから結晶が十分に大きい場合,すなわち N1N2N3 が大きくなると

aSS0)=hλ,bSS0)=kλ,

cSS0)=lλ

を満足するときのみ強いX線回折像が生じることがわかる.これが,ラウエの条件*にほかならない.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone