コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウエ関数 Laue's function

1件 の用語解説(ラウエ関数の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラウエ関数【Laue's function】

結晶を平行六面体と考え,それぞれの稜の長さを N1aN2bN3cN1N2N3 は正の整数),X線の波長を λ,入射X線を S0,反射X線を S とし,hkl を0を含む任意の整数(ミラー指数*)としたとき,X線の回折強度は

に比例する.ただし x=(π/λ) {aSS0) },y=(π/λ) {bSS0) },z=(π/λ) {cSS0) },である.この関数がラウエ関数と呼ばれるものである.これから結晶が十分に大きい場合,すなわち N1N2N3 が大きくなると

aSS0)=hλ,bSS0)=kλ,

cSS0)=lλ

を満足するときのみ強いX線回折像が生じることがわかる.これが,ラウエの条件*にほかならない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウエ関数の関連キーワード単位格子各部心心正六面体平行六面体流流六面体平行六面体の法則ヘヴィサイドの法則ポーリング‐バウル則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone