コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクナ lacuna

翻訳|lacuna

岩石学辞典の解説

ラクナ

地層の欠如による間隙に相当する時間層序の語.これは堆積作用がなく,あるいは浸食作用を受けた場合のハイアタス(hiatus)と,ハイアタスの間に地層が浸食されたデグラデーション欠損(degradation vacuity)とに区分される[Wheeler : 1964].浸食により破壊されたため現在は見られないが,もともとは存在した地層の堆積に要した時間と無堆積の期間の和に相当する[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ラクナの関連キーワードウッタル・プラデーシュ[州]インシャー・アッラー・ハーンタイムズ・オブ・インディア無症候性脳梗塞とラクナ梗塞ミール(インドの詩人)インド・イスラム文化ウッタル・プラデシュタンティア・トーピー脳卒中(脳血管発作)シャージャハーンプルインド・ムスリム連盟脳梗塞(脳軟化症)世界のおもな植物園モラーダーバードバギラティ[川]A. ナーガル無症候性脳梗塞ウルドゥー文学脳血管性認知症バドリーナート

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラクナの関連情報