コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシオ ラシオ Lashio

3件 の用語解説(ラシオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシオ
ラシオ
Lashio

ミャンマー中央部,シャン州北部にある町。ラシオ郡の行政中心地。シャン族の政治,経済の中心地であり,古くから中国のユンナン (雲南) とミャンマー中央低地のマンダレーを結ぶ交易ルートの重要中継地として栄え,市場,宿泊所が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラシオ(Lashio)

ラーショー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラシオ
らしお
Lashio

ミャンマー(ビルマ)東部、シャン高原北部最大の町。標高770メートル。人口13万1000(2003推計)。中国の国境の町町鎮(えんていちん)まで180キロメートルの地点にある。シャン人と山地に住む移動農耕民のカチン人、パラウン人などとの商業中心地である。またマンダレーからの鉄道の終点、中国雲南省昆明(こんめい)に至るビルマ公路1150キロメートルの起点をなす交通の要衝である。第二次世界大戦中、イギリスの対中国援助に大きな役割を果たした。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラシオの関連キーワードミャンマー朝シャン絹織物の町アマラプラニャンウーマーケットミャゼディパゴダサルウィン[川]ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人アラカン[州]ボードウィン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラシオの関連情報