ラシャ紙(読み)ラシャガミ

デジタル大辞泉の解説

ラシャ‐がみ【ラシャ紙】

ラシャに似た感じの厚手の紙。もとはラシャや毛糸のくずをまぜて漉(す)いたが、現在は晒(さら)した化学パルプを原料とする。壁紙や本の装丁などに使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ラシャがみ【ラシャ紙】

ラシャに似た感じの厚紙。洋紙の製造工程でラシャくず・毛糸くずを原料に混ぜてすいた紙。壁紙・台紙などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android