装丁(読み)そうてい(英語表記)book designing and binding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

装丁
そうてい
book designing and binding

書籍の表紙カバー,外箱,タイトル・ページのデザイン,および材質の選択を含めて装本を製作すること。歴史的には特にイスラムコーランユダヤ教タルムードキリスト教聖書には古来華麗ながなされたが,近代的な意味の装丁は 19世紀末以来の新しい工芸運動のなかで,特にヨーロッパにおいて開花し今日にいたっている。中国,日本には古来より折本粘葉装 (でっちょうそう) などの冊子本巻子本などの伝統的な装丁がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐てい〔サウ‐〕【装丁/装訂/装×釘/装×幀】

[名](スル)製本の仕上げとして、書物の表紙・扉(とびら)・カバーなどの体裁を整えること。また、その意匠。「凝った意匠で―する」
[補説]装丁が書物外側のデザインを意味するのに対し、装本は、レイアウト材料の選択・印刷方法・製本様式までの形式を意味することが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

装丁【そうてい】

装釘(幀)とも記。印刷または書写された紙を,折り,(と)じ,表紙付けをして書物の体裁を整えること。今日では書物の表紙,見返し,とびら,カバー,外箱などの総合デザインをいうことが多い。→製本
→関連項目旋風葉列帖装

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

装丁
そうてい

出版物の表紙、見返し、扉などの体裁をつくり、外形を整えること、また、そのデザイン。装本ともいう。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android