コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅紗 ラシャ〈ポルトガル〉raxa

百科事典マイペディアの解説

羅紗【らしゃ】

厚地の紡毛織物の総称。16世紀中ごろ南蛮貿易によりもたらされた毛織物でポルトガル語のラーシャraxaの転訛という。組織は平織,綾織,繻子(しゅす)織などあり,縮充,起毛,毛刈りをして仕上げるので表面はフェルト化している。
→関連項目縮充

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ラシャ【羅紗】

紡毛を原料とし、起毛させた厚地の毛織物。日本には一六世紀後半にもたらされ、陣羽織・合羽カツパ・火事羽織、のちに軍服などに用いられた。 〔「羅紗」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅紗
らしゃ
raxaポルトガル語

厚手の紡毛織物の一種。経緯(たてよこ)とも紡毛糸を用い、製織後に起毛、縮絨(しゅくじゅう)、剪毛(せんもう)した地厚い毛織物である。黒、紺色の無地物が多く、古くは陣羽織、明治以降はオーバー地や軍隊用コート地など防寒服地として使われた。語源はポルトガル語のラーシャ(毛織物の意味)から。[並木 覚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

羅紗の関連キーワードレーニンスク・クズネツキー御忍び駕籠・御忍び駕篭柴田 音吉(2代目)インバネス(衣服)立て傘・立傘泉大津[市]パトラン先生あずまコートコチニールらしゃめん平沼 専蔵軍艦ラシャ千住製絨所タキシード火事装束田中勝介チーゼルゲートル田中勝助渋江長伯

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅紗の関連情報