コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅紗 ラシャ 〈ポルトガル〉raxa

4件 の用語解説(羅紗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラシャ【羅紗】

紡毛を密に織って起毛させた、厚地の毛織物。室町末期ごろに輸入され、陣羽織火事羽織、のち軍服・コート地などに使われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

羅紗【らしゃ】

厚地の紡毛織物の総称。16世紀中ごろ南蛮貿易によりもたらされた毛織物でポルトガル語のラーシャraxaの転訛という。組織は平織,綾織,繻子(しゅす)織などあり,縮充,起毛,毛刈りをして仕上げるので表面はフェルト化している。
→関連項目縮充

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ラシャ【羅紗】

紡毛を原料とし、起毛させた厚地の毛織物。日本には一六世紀後半にもたらされ、陣羽織・合羽カツパ・火事羽織、のちに軍服などに用いられた。 〔「羅紗」とも書く〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅紗
らしゃ
raxaポルトガル語

厚手の紡毛織物の一種。経緯(たてよこ)とも紡毛糸を用い、製織後に起毛、縮絨(しゅくじゅう)、剪毛(せんもう)した地厚い毛織物である。黒、紺色の無地物が多く、古くは陣羽織、明治以降はオーバー地や軍隊用コート地など防寒服地として使われた。語源はポルトガル語のラーシャ(毛織物の意味)から。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羅紗の関連キーワード紡毛織物リネン厚地カルゼスコッチツイード太物カージー毛織毛類呉絽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羅紗の関連情報