コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシャ綿 ラシャメン

デジタル大辞泉の解説

ラシャ‐めん【ラシャ綿】

《「綿」は「綿羊」の略》
ヒツジの別名。
西洋人の妾(めかけ)となった日本女性を卑しめていった語。洋妾(ようしょう)。外妾。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ラシャめん【ラシャ綿】

ヒツジの異名。
〔西洋の水夫は綿羊を船内に飼育して犯したという俗説から〕 西洋人の妾めかけになった日本女性を卑しめていう語。洋妾。外妾。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラシャ綿の関連キーワード船内異名俗説水夫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android