ラジカルスカベンジャー

栄養・生化学辞典の解説

ラジカルスカベンジャー

 遊離基捕捉剤ともいう.遊離基は反応性が高く,生体内でも諸種の物質と反応して生体に好ましくない影響を与える場合が多い.ラジカルスカベンジャーは,その遊離基と反応して安定な化合物に変化させ,遊離基による被害を防ぐ機能をもつとされる.例えば,ビタミンEなどがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android