コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジャス rajas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジャス
rajas

インド哲学用語。激質。プラクリティを構成する3つの要素の一つ。激質は他方の原理であるプルシャ観照を機会因として活動を起し,3つの構成要素の平衡状態が破れて展開が始り,世界が現象するというもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のラジャスの言及

【サーンキヤ学派】より

…物質的原理は三つの構成要素トリグナtriguṇa(〈三徳〉)から成る。その三つとはサットバsattva(〈純質〉),ラジャスrajas(〈激質〉),タマスtamas(〈翳質〉)で,それぞれかかわりあって存在する。これら3構成要素が平衡状態にあるとき物質的原理は変化しないが,それらのバランスが精神的原理の観察を条件として破れると,物質的原理は変容を開始する。…

※「ラジャス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラジャスの関連キーワードジャイプールにあるジャンタールランタンボール国立公園マラニョン(ブラジル)ラクシュミ ミッタルプラティバ パティルケオラデオ国立公園ジャンタルマンタルウメイドバワン宮殿ジャスワントタダメヘラーンガル城ランタンボール城ラージプート絵画ジャイサルメル城チットールガル城アマゾン開発計画アマゾン環境破壊クンバルガル城ナルガール要塞カーンチプラムシティーパレス