コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観照 カンショウ

2件 の用語解説(観照の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょう〔クワンセウ〕【観照】

[名](スル)
主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。
「僕は単に存在するものをそのままの状態で―して」〈島木健作・続生活の探求
美学で、対象の美を直接的感じ取ること。美の直観。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしょう【観照】

( 名 ) スル
主観を交えず、対象のあるがままの姿を眺めること。冷静な心で対象に向かい、その本質をとらえること。 「人生を-する」 → 観想
美学で、美を直観的に受容すること。自然観照と芸術観照とがある。 → 静観鑑賞(補説欄)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観照の関連情報