ラスル クラウス(英語表記)Russel Crouse

20世紀西洋人名事典の解説


1893.2.20 - 1966.4.3
米国脚本家
オハイオ州生まれ。
高校卒業後、新聞社勤務を経て、1931年「ギャングズ・オール・ヒア」などを発表するが、あまりヒットしなかった。’33年ハワード・リンズィーと出会い、’34年二人のコンビ第一作「エニシング・ゴーズ」を発表し、大ヒットとなる。彼らの名を世に高めたのは’59年の「サウンド・オブ・ミュージック」で、また、’39年の「との生活」は「屋根の上のバイオリン弾き」が3242回のロングランを記録するまで、ブロードウェイでのロングラン記録を持っていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android