コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラズ Laz

世界大百科事典 第2版の解説

ラズ【Laz】

トルコ東部のトラブゾンから国境を越えてザカフカス地方のグルジア共和国に至る黒海沿岸地帯に住むカフカス系少数民族。人口は全体で10万~15万人とされる(グルジア側に1000人余)。古代から戦闘的で独立心の強い民族として名高かったが,自己の国家は建設せず,この地域に興亡した諸国家に服属した。1461年トレビゾンド(トラブゾン)帝国の滅亡以後オスマン帝国の統治下にはいり,スンナ派イスラム教徒としてトルコ化が促進された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラズの関連キーワードプラズマクラスターイオン発生器イベリア・カフカス語族プラズマジェット加工マイコプラズマ肺炎ホラズム・シャー朝ホラズム・シャー朝中性粒子入射加熱ビル・ラズウェルアルヴェーン波PDPモニタータンデムミラープラズマ発光法プラズマ融解炉プラズマ物理学フワーリズムプラズマ加工磁気核融合炉PDPテレビジョージア語ゼロ出力条件

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android