コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッカム Arthur Rackham

世界大百科事典 第2版の解説

ラッカム【Arthur Rackham】

1867‐1939
イギリスの挿絵画家。典型的な中流家庭の三男に生まれる。保険会社勤めのかたわら挿絵画家を志した。《ケンジントン公園のピーター・パン》(1906)や,《夏の夜の夢》(1908)の美しくユーモラスな妖精画によって人気を博し,グリーナウェーW.クレーンの質素な画風にとって替わる新時代の挿絵画家となった。彼のきわめて繊細な水彩画を忠実に再現する多色平版印刷の実用化が,その大きな要因であろう。【荒俣 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラッカムの関連キーワードジョン・トマス フィリフェントデュラック童画

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android