コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトガースの関係式 Rutgers formula

1件 の用語解説(ラトガースの関係式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラトガースの関係式【Rutgers formula】

超伝導体の転移温度 Tc における熱容量の不連続値と,系の体積,転移温度,臨界磁場の温度微分との間に成立する関係式で,ラトガース(A. J. Rutgers)によって実験的に導かれた.常伝導状態と超伝導状態の比熱をそれぞれ CnCs として

ここに μ0 は真空の透磁率,V は系の体積,Hc は熱力学的臨界磁場である.これは,ラトガースの式*の別な表現でもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラトガースの関係式の関連キーワード超伝導体転移点熱伝導率熱容量超伝導合金高温超伝導体転移温度ノイマン‐コップの法則ピパード超伝導体ラトガースの式

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone