ラトガースの関係式(英語表記)Rutgers formula

法則の辞典の解説

ラトガースの関係式【Rutgers formula】

超伝導体の転移温度 Tc における熱容量の不連続値と,系の体積,転移温度,臨界磁場の温度微分との間に成立する関係式で,ラトガース(A. J. Rutgers)によって実験的に導かれた.常伝導状態と超伝導状態の比熱をそれぞれ CnCs として

ここに μ0 は真空の透磁率,V は系の体積,Hc は熱力学的臨界磁場である.これは,ラトガースの式*の別な表現でもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android