コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトガースの関係式 Rutgers formula

法則の辞典の解説

ラトガースの関係式【Rutgers formula】

超伝導体の転移温度 Tc における熱容量の不連続値と,系の体積,転移温度,臨界磁場の温度微分との間に成立する関係式で,ラトガース(A. J. Rutgers)によって実験的に導かれた.常伝導状態と超伝導状態の比熱をそれぞれ CnCs として

ここに μ0 は真空の透磁率,V は系の体積,Hc は熱力学的臨界磁場である.これは,ラトガースの式*の別な表現でもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ラトガースの関係式の関連キーワードラトガースの式熱容量透磁率超伝導体積

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android