コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨界磁場 りんかいじばcritical magnetic field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨界磁場
りんかいじば
critical magnetic field

多くの磁性体磁化容易軸をもっており,外から強い磁場を加えて他の軸方向に磁化の方向を変えようとするとき,ある値の磁場の強さのところで磁化が急に変化する場合がある。このような磁場を臨界磁場または限界磁場という。常磁性状態ではそのような臨界値は存在しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の臨界磁場の言及

【超伝導】より

… 超伝導体にかける磁場を大きくしていくと,磁場を排除するのに必要なエネルギーが,電子対を作って超伝導状態になっているエネルギーを超えたとき,超伝導は破壊され常伝導に戻る。このときの磁場を臨界磁場と呼ぶ。超伝導体には,このように臨界磁場で一挙に常伝導状態になるもののほかに,ある磁場から徐々に磁場の侵入を許し,さらに高い磁場によって全体が常伝導に戻るような物質もある。…

※「臨界磁場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨界磁場の関連キーワードラトガースの関係式金属系超伝導材料超伝導マグネットマイスナー効果超伝導磁石超伝導体磁電管

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android