熱容量(読み)ねつようりょう(英語表記)heat capacity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱容量
ねつようりょう
heat capacity

物体の温度を単位温度 1K上げるのに必要な熱量。熱量の単位にジュールまたはカロリーを用いるのに応じて,熱容量の単位は J/K または cal/K が用いられる。熱容量は質量に比例し,単位質量の熱容量を比熱,また原子量,分子量あたりの熱容量を原子熱 (比熱×原子量) ,分子熱 (比熱×分子量) という。分子熱はモル熱モル比熱またはモル熱容量とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

熱容量【ねつようりょう】

物体の温度を1℃高めるのに要する熱量。固体や液体では物質によってほぼ一定だが,気体では加熱時の体積と圧力の変化の仕方によって大きく変わる。物質1g,1グラム原子,1グラム分子当りの熱容量がそれぞれ比熱原子熱モル比熱。均一物体の熱容量は比熱と質量の積に等しい。
→関連項目熱量計ブラック容量

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

熱容量

 物体の温度を1℃上昇させるのに必要な熱量(ジュール).比熱と質量の積.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつようりょう【熱容量 heat capacity】

物体の温度を単位温度だけ上昇させるのに必要な熱量。すなわち,熱容量が大きいほどその物体の温度を上昇させるのに熱がより多く必要である。また,熱容量の大きい物質ほど冷えにくい。一様な物質の場合には,単位質量当りの熱容量を比熱という。したがって,熱容量は比熱と質量の積で与えられる。比熱【鈴木 増雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつようりょう【熱容量】

物体の温度を一度だけ上げるのに必要な熱量。物体の単位質量に対する熱容量を比熱という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熱容量の言及

【熱】より

…彼はG.D.ファーレンハイトらの研究に手がかりを得て,氷がとけるときに温度が変わらないこと,そのときに必要な熱で同量の水の温度を約80℃上げられることを明らかにし,さらに水の蒸発についても同様の事実を発見した。この潜熱の発見に続いてブラックは,1760年ころ熱容量の研究を始めた。物質によって同じ量を同じ温度上げるのに必要な熱量が異なることを示したのである。…

【比熱】より

…比熱の単位としては通常,1gの物質を1K上げるのに要する熱量をcalで表したもの,すなわちcal/K・gが使われる。比熱と物質の質量との積を熱容量といい,気体に対しては,1molに対する熱容量を用いることが多く,これをモル比熱molar heatという。 比熱は同じ物質でも温度や圧力によって異なり,とくに物質の状態が気体,液体,固体であるかによって大きく異なる。…

※「熱容量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱容量の関連情報