コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱容量 ねつようりょう heat capacity

7件 の用語解説(熱容量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱容量
ねつようりょう
heat capacity

物体の温度を単位温度 1K上げるのに必要な熱量。熱量の単位にジュールまたはカロリーを用いるのに応じて,熱容量の単位は J/K または cal/K が用いられる。熱容量は質量に比例し,単位質量の熱容量を比熱,また原子量,分子量あたりの熱容量を原子熱 (比熱×原子量) ,分子熱 (比熱×分子量) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐ようりょう〔‐ヨウリヤウ〕【熱容量】

ある物体の温度を1度上げるのに要する熱量

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熱容量【ねつようりょう】

物体の温度を1℃高めるのに要する熱量。固体や液体では物質によってほぼ一定だが,気体では加熱時の体積と圧力の変化の仕方によって大きく変わる。物質1g,1グラム原子,1グラム分子当りの熱容量がそれぞれ比熱原子熱モル比熱
→関連項目熱量計ブラック容量

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

熱容量

 物体の温度を1℃上昇させるのに必要な熱量(ジュール).比熱と質量の積.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねつようりょう【熱容量 heat capacity】

物体の温度を単位温度だけ上昇させるのに必要な熱量。すなわち,熱容量が大きいほどその物体の温度を上昇させるのに熱がより多く必要である。また,熱容量の大きい物質ほど冷えにくい。一様な物質の場合には,単位質量当りの熱容量を比熱という。したがって,熱容量は比熱と質量の積で与えられる。比熱【鈴木 増雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねつようりょう【熱容量】

物体の温度を一度だけ上げるのに必要な熱量。物体の単位質量に対する熱容量を比熱という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱容量
ねつようりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱容量の言及

【熱】より

…彼はG.D.ファーレンハイトらの研究に手がかりを得て,氷がとけるときに温度が変わらないこと,そのときに必要な熱で同量の水の温度を約80℃上げられることを明らかにし,さらに水の蒸発についても同様の事実を発見した。この潜熱の発見に続いてブラックは,1760年ころ熱容量の研究を始めた。物質によって同じ量を同じ温度上げるのに必要な熱量が異なることを示したのである。…

【比熱】より

…比熱の単位としては通常,1gの物質を1K上げるのに要する熱量をcalで表したもの,すなわちcal/K・gが使われる。比熱と物質の質量との積を熱容量といい,気体に対しては,1molに対する熱容量を用いることが多く,これをモル比熱molar heatという。 比熱は同じ物質でも温度や圧力によって異なり,とくに物質の状態が気体,液体,固体であるかによって大きく異なる。…

※「熱容量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱容量の関連キーワード原子熱熱電能比熱放射温度計熱膨張率最大氷結晶生成帯致死率(微生物の)タンマン温度ネール温度表面温度計

熱容量の関連情報