コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドロー城 ラドローじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラドローじょう【ラドロー城】

イギリスのイングランド中西部の都市バーミンガム(Birmingham)近郊、シュロップシャーShropshire)のラドローの町を流れるテム川を見下ろす高台に建つ、中世の城の廃墟。国鉄ラドロー駅から約1km、徒歩10分ほどの場所にある。この城は11世紀後半にノルマン人貴族により建設され、その後イングランド王の所有となり、一時期はヘンリー7世(1457~1509年)の息子のアーサー・テューダー王子の住まいとして使われた歴史を持つ。1811年まで王室が所有していたが、現在はポウィス伯が所有している。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android