コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヌス ラヌスLanús

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラヌス
Lanús

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州北東部の都市。首都ブエノスアイレスの南東郊にあり,ブエノスアイレス大都市圏の一部をなす。 1888年建設され,牧牛地帯の中心地として発展。現在,食肉,皮革,製紙,ワイヤ,ゴム,弾薬,繊維などの工業がある。周辺一帯を含めたラヌス地区の人口 46万 6755 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラヌスの関連キーワードスピノラ(Christoph Roias de Spinola)アグリコラ(Georgius Agricola)ホッキョクセミクジラエクトル クーペルジャン・ド・マンミナミセミクジラプレーン・ソングエンガンヤムシクリソバラヌスクリゲヒモムシボンフィーリナガスクジラコリオラヌスカエリウス丘オクタウィアアンツィオ6月24日コリオランシラヌス家内田亜紗子

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android