コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヌス Lanús

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラヌス
Lanús

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州北東部の都市。首都ブエノスアイレスの南東郊にあり,ブエノスアイレス大都市圏の一部をなす。 1888年建設され,牧牛地帯の中心地として発展。現在,食肉,皮革,製紙,ワイヤ,ゴム,弾薬,繊維などの工業がある。周辺一帯を含めたラヌス地区の人口 46万 6755 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラヌスの関連キーワードスピノラ(Christoph Roias de Spinola)アグリコラ(Georgius Agricola)ホッキョクセミクジラエクトル クーペルプレーン・ソングミナミセミクジラジャン・ド・マンクリソバラヌスエンガンヤムシクリゲヒモムシコリオラヌスナガスクジラボンフィーリオクタウィアカエリウス丘カイアシ類6月24日ファインズセミクジラコリオラン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラヌスの関連情報