コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバルナシュ1世 ラバルナシュいっせいLabernash I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバルナシュ1世
ラバルナシュいっせい
Labernash I

ヒッタイト古王国時代の王 (在位前 1680頃~50頃) 。伝説では古王国の創建者とされる。テリピヌシュ王勅令と称するヒッタイト文書によれば,アナトリア中部の首都クッサラから南方地中海岸に向って領土を広げ,トゥワヌワ (テュアナ) ,フピスナ (キュビストラ) ,ランダ (ラランダ) ,ルスナ (リュストラ) などの征服都市に息子たちを封じた。さらに後代の文書によれば,ヒッタイトの中枢地の南西にあったアルザワをも征服し,帝国の中核を形成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラバルナシュ1世の関連キーワードハットゥシリシュ1世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android