ラバルナシュ1世(読み)ラバルナシュいっせい(英語表記)Labernash I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバルナシュ1世
ラバルナシュいっせい
Labernash I

ヒッタイト古王国時代の王 (在位前 1680頃~50頃) 。伝説では古王国の創建者とされる。テリピヌシュ王勅令と称するヒッタイト文書によれば,アナトリア中部の首都クッサラから南方地中海岸に向って領土を広げ,トゥワヌワ (テュアナ) ,フピスナ (キュビストラ) ,ランダ (ラランダ) ,ルスナ (リュストラ) などの征服都市に息子たちを封じた。さらに後代の文書によれば,ヒッタイトの中枢地の南西にあったアルザワをも征服し,帝国の中核を形成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android