コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒石酸 しゅせきさんtartaric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒石酸
しゅせきさん
tartaric acid

2個の不斉炭素原子をもつジカルボン酸で,化学式は HOOC*CH(OH)*CH(OH)COOH (*印は不斉炭素原子) 。 L- ,D- およびメソ酒石酸の3種の異性体が存在する。ワインから L- 酒石酸が発見されて以来,立体化学上重要な発見がこの化合物を中心になされた。つまり L.パスツールによる DL- 酒石酸の光学分割とメソ酒石酸の発見,J.ベイブゥートらのX線回折による絶対配置の決定と相対的立体配置の相関関係の確立などである。L-酒石酸は柱状晶で,融点 170℃, (水) 。 D- 酒石酸の物理定数および種々の化学的性質は L- 酒石酸に等しく,ただ旋光度の値の符号が逆なだけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅせき‐さん【酒石酸】

ブドウなどの果実に存在する有機二塩基酸。無色の柱状結晶で、水溶液には快い酸味がある。清涼飲料水や製菓、染色などに用いる。化学式C4H6O6

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

酒石酸【しゅせきさん】

カルボン酸の一つ。無色の結晶。光学活性の現象に関連して化学史上著名な物質で,ブドウ酒製造の際に沈殿する酒石(酒石酸水素カリウム)から得られるのでこの名がある。d‐酒石酸(融点168〜170℃),l‐酒石酸(168〜170℃),この両者の等量混合物であるラセミ体(205〜206℃,ブドウ酸とも),メソ酒石酸(150℃)の4種があり,d‐およびl‐酒石酸は旋光性をもつ。
→関連項目ブドウ(葡萄)酸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

酒石酸

 C4H6O6(mw150.09).(CH(OH)COOH)2.ブドウに多く含まれる酸.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅせきさん【酒石酸 tartaric acid】

ジヒドロキシコハク酸とも呼ばれるカルボン酸。酒石酸は化学の発展に寄与した点でも,その歴史は興味深いものがある。以下にその足跡をたどってみる。 これといって大きな化学工業のなかった近代初期までの時代に,醸造業は化学の発展に大きなつながりをもっていた。ブドウ酒製造の際の副生物である酒石酸とその塩は,当時大量に純粋なものが得られる数少ない物質の一つであった。1769年,K.W.シェーレによってブドウ酒中からL‐酒石酸(右旋性)が発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅせきさん【酒石酸】

二個のヒドロキシル基をもつ炭素数四の直鎖状ジカルボン酸。化学式 C4H6O6 三種の光学異性体がある。酒石からつくられる無色または白色の結晶で水によく溶ける。爽快な酸味があり、清涼飲料に用いるほか、染色・食品工業などに広く利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒石酸
しゅせきさん
tartaric acid

ヒドロキシカルボン酸の一つ。2,3-ジヒドロキシコハク酸ともいう。化学式はC4H6O6、分子量150.9である。ワインをつくる際に沈殿する酒石に含まれているので、この名が与えられた。2個の不斉(ふせい)炭素原子をもつが、それぞれの不斉炭素原子が同じ種類の置換基(H、OH、COOH)をもっているので、立体異性体は3種類しかない()。すなわち、右旋性の(R,R)-酒石酸、左旋性の(S,S)-酒石酸、光学活性をもたない(R,S)-酒石酸である。(R,S)-酒石酸はメソ酒石酸ともよばれる。メソmeso異性体は「不斉炭素原子をもつが旋光性(光学活性)を示さない異性体」をさす名称である。メソ体では二つの不斉炭素原子に結合している3種の置換基がすべて正反対の位置にあって、分子が対称中心をもっているので旋光性を示さない。1974年にIUPAC暫定命名法が決まる以前は、(R,R)-酒石酸はL-酒石酸、(S,S)-酒石酸はD-酒石酸と命名されていて、現在でもDとLを使う命名法も使われている。(R,R)-酒石酸と(S,S)-酒石酸の等量混合物であるラセミ体は、光学活性をもたない別の結晶形をとり、ラセミ酸racemic acid(ブドウ酸)ともよばれる。「旋光性のない光学異性体等量混合物」をさして一般に使われている「ラセミ体」の語源はこのラセミ酸に由来する。
 天然に存在するのは、(R,R)-酒石酸が主であり、遊離の酸、カルシウム塩およびカリウム塩として広く植物界に分布している。(R,R)-酒石酸は1769年スウェーデンのシェーレにより発見され、その後1822年にはラセミ体のブドウ酸が発見された。さらに1848年から1853年の間にフランスのパスツールが光学活性についての一連の研究を発表し、ラセミ体を光学分割すると、(R,R)-酒石酸のほかに天然に存在しない左旋性の(S,S)-酒石酸が得られることや、光学分割できないメソ酒石酸が存在することが知られた。
 ブドウやワインに含まれていて、ワイン製造の際に得られる酒石は酒石酸水素カリウムを主成分とする。これを精製して(R,R)-酒石酸がつくられる。このほかにマレイン酸を原料とする製法が知られている。食品添加物として認められていて、清涼飲料水、果汁、キャンディー、ゼリー、ジャム、ソースなどの酸味料としてクエン酸、リンゴ酸などとともに用いられている。このほかに染料工業、写真、有機合成原料などに用いられる。[廣田 穰・末沢裕子]

L-酒石酸

融点168~170℃、比重1.76、比旋光度+11.98°。水によく溶け、エタノール(エチルアルコール)にもかなり溶けるが、エーテルにはほとんど溶けない。加熱すると分解して、一酸化炭素、二酸化炭素、アセトン、酢酸、ピルビン酸などを生ずる。

D-酒石酸

比旋光度の符号が反対で、-11.98°である点を除くと、性質はL-酒石酸と同じである。

メソ酒石酸

融点140℃、比重1.67(一水和物)。普通、一水和物として存在するが、加熱すると結晶水を失い無水和物となる。光学活性は示さない。[廣田 穰・末沢裕子]

ブドウ酸

融点206℃、比重1.697(一水和物)。水から結晶させると一水和物が得られるが、加熱すると100℃ぐらいで結晶水を失い無水和物となる。光学活性は示さない。[廣田 穰・末沢裕子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酒石酸の関連キーワード酒石酸カリウムナトリウム酒石酸ナトリウムカリウムベーキングパウダーブドウ(葡萄)酸クリームターター酒石酸カリウムヒドロキシル基フェーリング液セニエット塩ヒドロキシ酸ロッシェル塩合成膨張剤pH調整剤ピルビン酸光学異性体ロシェル塩メタ酒石酸銀鏡反応酸化発酵清涼飲料

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android