コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラビニャック Albert Lavignac

世界大百科事典 第2版の解説

ラビニャック【Albert Lavignac】

1846‐1916
フランスの音楽教育家,音楽理論家。パリ音楽院を卒業後,同校のソルフェージュ科助手(1871),同教授(1875),和声法教授(1891)となり,1915年までその任にあった。その著《聴音の理論と実践》(1882)は,フランスの音楽教育に大きな影響を及ぼした。多くの協力者を得て彼が刊行した《音楽百科全書と音楽院辞典》11巻(1913‐31。ラビニャックの没後はラ・ローランシーLionel La Laurencie(1861‐1933)が刊行の中心になった)は,辞典の部分が完結しなかったが,音楽学の諸分野を広くつつみこみ非西欧の音楽にまで目くばりのきいた労作であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラビニャックの関連キーワードポル・マリー・テオドール・ヴァンサン ダンディシュミット(Florent Schmitt)ドビュッシーダンディピエルネ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android