コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラビンスク Labinsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラビンスク
Labinsk

ロシア南西部,北カフカス,クラスノダール地方の都市。クラスノダールの東南東約 150kmにあり,クバン川支流ラバ川にのぞむ。 1840年要塞が築かれたことに始り,1947年までコサック村であった。農業地帯の中心地で,缶詰,製材などの工業がある。トゥアプセとアルマビルを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線が通る。人口6万 100 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラビンスクの関連キーワードイーゴリ ゼレンスキークルンダステップノボシビルスク州バシュガニエ湿地タタールスクバラビンスクチャヌイ湖オミ川

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android