コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフィトー Lafitau, Joseph François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフィトー
Lafitau, Joseph François

[生]1681. ボルドー
[没]1740
フランスの民族学者。 1712~17年イエズス会の宣教師として,カナダの先住民と暮し,アメリカインディアンの神話,習俗と古代ギリシアの文化とを歴史民族学的に比較研究した。主著"Mœurs des sauvages Amériquains,comparées aux mœurs des premiers temps" (2巻,1724) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラフィトー
らふぃとー
Joseph Franois Lafitau
(1681―1746)

フランスのボルドー生まれのイエズス会神父。1711年宣教師としてフランス領カナダに派遣され、モントリオール付近のイロコイ系住民生活地域での活動(1712~17)後、17年に帰国して教職のかたわら文筆活動を展開した。モルガンのイロコイ研究の先駆をなす主著『アメリカ未開民族と古代の風俗比較』(1724)は最古の体系的刊行民族誌の一つで、観察事項を『旧約聖書』から解釈するキリスト教的立場をとりながら、フランス商人が持ち込んだ酒に関する生き生きとした記述などが注目される。『ポルトガル海上帝国建設史』(1733)のほか、イエズス会機関誌に多数の記事がある。[佐々木明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラフィトーの関連キーワード天和フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)杉木茂左衛門秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人杏三折カバリエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android