コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣教師 せんきょうし missionarius; missionary

6件 の用語解説(宣教師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣教師
せんきょうし
missionarius; missionary

厳密にはイエス・キリストまたは教会から派遣されて福音を伝える人。言行によって福音を伝えるのは,すべてのキリスト教徒の本領であるから,キリスト教徒はすべて宣教師というべきであるが,一般に理解されている意味では,主としてキリスト教の盛んな欧米の母教会から,国外の,まだキリスト教が盛んでない地方 (宣教地) へ派遣されてキリスト教を伝える人をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんきょう‐し〔センケウ‐〕【宣教師】

キリスト教を広めるため、外国、特に異教国に派遣される伝道者。ミッショナリー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宣教師【せんきょうし】

キリスト教会が外国伝道のために派遣する職務。日本へは1549年スペイン人宣教師ザビエルが来朝し布教したのが初め。以降ポルトガルビレラフロイスイタリアオルガンティーノ等が来日。
→関連項目伴天連追放令ヘボン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんきょうし【宣教師 missionary】

キリスト教会が外国伝道のために派遣する職務。狭義には牧師,司祭で外国教会に派遣された者をいうが,広義には教育や社会福祉事業に従事する者,一般信徒で教会から派遣されて,そうした事業に携わる者のことをもいう。キリスト教会が存在しなかった国におけるキリスト教伝道は,宣教師の働きによって始められる。日本でもキリシタン時代に始まったカトリックの伝道,明治初期に始まったプロテスタントの伝道は,いずれも献身的で優秀な宣教師の働きによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんきょうし【宣教師】

宗教を教え広める人。
キリスト教の布教・伝道のために外国へ派遣される者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣教師
せんきょうし
missionary

キリストの福音(ふくいん)を宣(の)べ伝え、教会を広めるために、キリスト教がまだ根づいていない地域の国々に派遣される司祭や牧師をいう。広義には、これらの聖職者を直接間接に補助する人々も含む。「全世界に出ていって、すべての人々に福音を宣べ伝えよ」(「マルコ伝福音書」16章15)とのキリストの教えに従って、キリスト教はその最初期から布教活動を積極的に行ってきた。使徒パウロの活動はその典型であり、アテネのアレオパゴスでの宣教の演説は名高い(「使徒行伝」17章19~34)。その後も宣教活動は、多くの殉教者を生み出しつつも絶えず続けられ、とくに中世のフランシスコ会やドミニコ会の活動、16世紀のイエズス会を中心とするアジア、アフリカ、新大陸への宣教は、キリスト教史上においても重要なできごとである。日本にも、イエズス会士ザビエルはじめ、16~17世紀にかけて多くの宣教師が来日し、キリシタン時代を築いた。
 近代に入っては、「近世海外伝道の父」とよばれる英国バプテスト教会のケアリーのインド宣教を嚆矢(こうし)に、プロテスタント諸教派にも海外伝道熱が高まり、わが国にも幕末の開国後、ブラウン、ヘボン、ウィリアムズ、フルベッキ、バラ、ジェーンズ、カトリックのジラール、プチジャン、ロシア正教のニコライらが次々に渡来して活躍した。なお、こうした宣教師たちが、キリスト教の普及と同時に、西洋文化全般と布教地の諸文明との仲介者の役割を果たしてきたことも歴史的に重要である。[鶴岡賀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宣教師の関連キーワード日曜学校キリスト教会特派報道陣ミッションスクールキリスト教徒伝道会ムラカキリスト教会キリスト教系教会フェリス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宣教師の関連情報