コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブジョイ彗星 らぶじょいすいせいComet Lovejoy

知恵蔵miniの解説

ラブジョイ彗星

オーストラリアのアマチュア天文家テリー・ラブジョイが発見した幾多の彗星の通称。2011年には、そのうちの一つである「ラブジョイ彗星(C/2011 W3)」が太陽に最接近した。主に南半球で観測され、明るさはマイナス3等級ほどになった(天体の明るさを示す等級は、数字が大きくなるほど暗く、マイナスが大きくなるほど明るいことを示す)。13年には「ラブジョイ彗星(C/2013 R1)」が太陽に接近、11月中旬には6等級前後まで明るくなり、12月23日に太陽に最接近、3等級程度まで明るくなる可能性がある。日本でも同月いっぱいは観測が可能で、その後遠ざかる見込み。再度戻って来ることはなく、見えるのは今回だけと考えられている。

(2013-12-5)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラブジョイ彗星
らぶじょいすいせい
Comet Lovejoy

オーストラリアのアマチュア天文家ラブジョイTerry Lovejoy(1966― )が発見した5個の彗星の固有名。そのなかでも、2011年12月2日に発見されたC/2011 W3彗星は肉眼的に明るくなると同時に、太陽にきわめて接近したのちも生き延びた彗星(サングレーザー)として有名である。南半球で明るく(最大でマイナス3等級からマイナス4等級)雄大な姿をみせ、「2011年クリスマスの大彗星」とよばれた。ほかに、2013年9月7日に発見されたC/2013 R1が2013年11月から12月にかけて北天で4等級の肉眼彗星になった。また、2014年8月17日に発見されたC/2014 Q2は2014年11月から12月にかけて北天で4等級の肉眼彗星になった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラブジョイ彗星の関連キーワードオーストラリア

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android