コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベリウス ラベリウスLaberius, Decimus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベリウス
Laberius, Decimus

[生]前105頃
[没]前43
ローマのミモス (ミムス) 作家。プブリウスとともに,南イタリアで栄えていた民間のミモスを文学的芸術作品に高めた。 43の題名が伝わるが,劇の内容や構成についてはほとんど不明。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラベリウスの言及

【ラテン文学】より

…ネポスの《伝記集》は,ギリシア・ローマ対比列伝の形式による偉人伝であるが,これも歴史書の分野に入る。一方,演劇は衰退の一途をたどり,悲劇と喜劇に代わって身振り狂言が流行し,ラベリウスLaberiusとプブリリウス・シュルスPublilius Syrusが活躍している。 詩は革新の時代を迎えた。…

※「ラベリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラベリウスの関連キーワードプブリリウスローマ演劇

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android