コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミーサ Lamesa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラミーサ
Lamesa

アメリカ合衆国,テキサス州北西部の都市。グレートプレーンズの南端を占めるラノエスタカード平原の南東に位置する。 1903年入植が始り,17年に市制。広大な牧場地域に囲まれ,牧畜が盛ん。そのほか綿花,穀物,ダイズなども産し,石油精製,衣料や綿実油の生産が行われる。人口1万 809 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラミーサの関連キーワードコロラド川

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android