コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムステット ラムステット Ramstedt, Gustaf John

2件 の用語解説(ラムステットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムステット
ラムステット
Ramstedt, Gustaf John

[生]1873.10.22. タンミサーリ
[没]1950.11.25. ヘルシンキ
フィンランドの東洋語学者。アルタイ語(→オイロート語)研究,モンゴル語学の創始者。ヘルシンキ大学卒業。1917~43年同大学教授,この間 1919~29年駐日代理公使を務めた。主著『蒙古文語ウルガ方言の音韻の比較』Das Schriftmongolische und die Urgamundart phonetisch verglichen(1903),『カルムイク語辞典』Kalmückisches Wörterbuch(1935),『朝鮮語語源の研究』Studies in Korean Etymology(1949,索引,1953),『アルタイ言語学序説』Einführung in die altaische Sprachwissenschaft(ペンティ・アールト編,3巻,1952~66)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラムステット
らむすてっと
Gustaf John Ramstedt
(1873―1950)

フィンランドの生んだ世界的モンゴル学者、アルタイ学者。『ハルハ蒙古(もうこ)語の動詞活用』(1902)、『蒙古文語、ウルガ方言音声比較』(1903)で近代的モンゴル語研究を確立し、モンゴル語語源辞典でもある『カルムイク語辞典』(1935)を著した。1920年から29年(大正9~昭和4)フィンランド代理公使として在日、その間の朝鮮語研究は『朝鮮語文法』(1939)、『朝鮮語語源研究』(1949)、同第二部(1953)、補遺(1954)に結実した。日本語については『アルタイ諸語と日本語の比較』(1924)、『日本語史について』(1942)がある。没後刊行された『アルタイ言語学入門』全三巻(1952~66)はアルタイ言語学の基礎を築いた。[村山七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラムステットの関連キーワード荘厳ミサホーン岬淡味鎮魂ミサ曲ブラン岬海鮮三崎港ミサ曲ロ短調ロ短調ミサ曲ホーン岬まで福島県喜多方市上三宮町上三宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone