ラムゼー-シールズの式(読み)ラムゼーシールズノシキ

化学辞典 第2版「ラムゼー-シールズの式」の解説

ラムゼー-シールズの式
ラムゼーシールズノシキ
Ramsay-Shield's equation

液体の表面張力と温度の関係を表す式の一つで,エトヴェシュの法則を少し変形したもの.

γ (Mv)2/3k(tct - 6)

ここで,γは表面張力,Mは分子量,vは比体積で,左辺はその液体のモル表面エネルギーに相当する.tc臨界温度tは温度,k定数で多くの正常液体では2.1.会合性の異常液体ではこれより小さい値をとり,かつ温度とともに変化する.この式は分子量100前後の正常液体ではよく成り立つが,分子量の大きい液体では2.1より大きい値を示すほか,液体金属や融解塩に対しては成り立たないなど,例外も多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android