コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムマン ラムマンRamman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムマン
Ramman

アッシリアおよびバビロニアの神。アダトと同一視される嵐と雨と風の神ヒッタイトの主神である嵐や戦いの神ステクが,ヒッタイトの侵入後バビロニアで戦士として崇拝されたもの。のちハンムラビ王のときから戦神とみなされ,ネブカドネザル1世により戦争の神としてイシュタルと結びつけられ,棍棒を持つ姿で描かれた。アッシリアでは嵐の神とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムマンの関連情報