主神(読み)しゅしん

精選版 日本国語大辞典「主神」の解説

しゅ‐しん【主神】

〘名〙
① 神社の祭神の中で、主体として奉祀される神。
※内務省達戊第一号‐明治一五年(1882)一月二三日「神道〔教導職〕奉教の主義より其主神を鎮祭し其教徒の葬儀を執行する等の為祠宇建設を要する向は」
② 令制下、大宰府に置かれていた祭祀官の職名。中央の神祇伯にあたる。大宰府管内の九国三島の祭祀を管掌した。〔令義解(718)〕
③ 最高位の信仰対象。特に、キリスト教の神。
※神道のあり方につき意見書(1888)〈千家尊福〉「欧洲各国の如きは宗教上の主神より外誓を立つべきの神なしと雖ども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主神」の解説

しゅ‐しん【主神】

祭られている祭神の中で、中心となる神。
律令制で、大宰府だざいふに置かれた祭祀さいし官の職名。管内の諸社の祭祀をつかさどった。かむづかさ。しゅじん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android